FC2ブログ

『ココロネ=ペンデュラム!(コロラム)』 感想

いのしゅん

作品情報
タイトル:ココロネ=ペンデュラム!
ブランド:Clochette
ジャンル:アドベンチャー





個人的にクロシェットは、結構好きなメーカーでして。
毎回可愛い妹キャラを出してくれる有難いメーカーですね。

相変わらずクロシェットさんは、妹ルートの出来が素晴らしい。
個人的に本作の妹の菜砂ちゃんは、『かみぱに!』以来の大当たりでした。

すぐさま妹について語りたいのですが、まずは作品全体の感想は、
クロシェットは普通の学園物にプラスして神様やら超能力やらの設定を入れてくる特徴があります。

本作は設定自体は、カミカゼに似てる感じがしますしね。

では、カミカゼと比較して超能力設定を生かしていたかと言うと答えはNOです。


圧倒的にマギアに関しての掘り下げが浅い。
オブシディアンゲートとか一体なんだったんだ…

でも、ぶっちゃけ、主人公の心の声を聞くマギアがえっちぃシーンで存分に生かされていたので、マギア設定に関しては満足してます(笑)

完全にイチャラブゲーでした。
シナリオ方面にはあんまり期待しない方が良いかもしれません。

あとこれは主観的な面も強いのですが、ライターが変わったからか本作では、テキストもかなり読みやすくなってます。
過去作は、冗談に感じる作品もありましたからね。

その他要素として、本作は演出が良きです。
カットインやフェイスウィンドウを良く使ったり、マギア使うときの演出にエフェクトをかけいます。



菜砂ちゃん可愛すぎか。

さらには、クロシェットの特徴として挙げられるのが、
立ち絵の種類が豊富です。
さらには一度の会話の中で頻繁にコロコロ変わります。

でも、これについては、人によって評価が変わるかと。

立ち絵がコロコロ変わることで、キャラの魅力がより再現出来てるという意見もあると思います。

しかし、立ち絵を頻繁に変化させることで、違和感を感じる人もいると思う訳です。

これは、E-moteの作品にも言えることなんですが、
挙動不審の人以外は、話してる最中そんなに動きませんからね?

ついでに僕は前者なので、立ち絵の動きが豊富ならそれで評価してしまう人だったりします。
シナリオゲーだったら、もしかしたら否定的になってたかもですが、本作はキャラゲーですからね。

さらには、本作のノリや読みやすいテキストと、パタパタ動く立ち絵の変化により、ゲーム自体に勢いがついてグイグイ引き込まれて行きました。

これは、過去作では感じなかったことでして。
本作は、上手く噛み合ってましたね。

演出が良いゲームの弱点として、スキップが遅いのが挙げられますが、本作は選択肢までスキップがあるので気にならないでしょう。

・妹について




小町谷 菜砂(こまちや なずな)
学園二年生。主人公の妹でありながら先輩。
二年生でありながら学園最強の能力者と言われるほど優秀で、本来なら三年が行うはずの実技授業を任されている。


序盤は、冷たい態度を取るが元々はお兄ちゃん子でそれを隠しきれていない模様。



内心では、ウキウキしてるの可愛いすぎて脳がオーバーヒートしそう。

お兄ちゃんは、中々のシスコンで、美味しいもの食べたら、まず妹に食べさせてあげたいと思う素晴らしいシスコン。
ことあるごとに妹の過去を話したがる。

総司朗『や、その……菜砂っていうのは昔からなんというか……』

菜砂『そーやって昔の話に巻き込むの禁止!』

総司朗『なぜだ、俺はただ兄として、菜砂がいかに可愛い妹だったかのエピソードトークを……』

素敵なお兄ちゃんですね(笑)

冷たい態度の菜砂ですが、学園でとある事件が起こり、その事件で菜砂を助けたことにより距離が縮まります。

ここのお兄ちゃんは、良かったですね。
兄とはこうでなきゃって感じです。

ここで初めて『お兄ちゃん』と呼ばれて泣く主人公。

いや、お前もう最高やで!!(笑)

そして僕も泣いた。
兄妹の絆を感じられるシーン。幸せの時間。

そして、ここから菜砂の可愛さが加速。

他のヒロインに嫉妬して、兄の家に引っ越してきたり、

菜砂『……引っ越してきちゃった☆』


総司朗『は??』

菜砂『てへ♡』




自分の部屋で水着を試着して、

菜砂『こう、鎖骨から胸にかけてのラインとか? ワキから胸にかけての絞り具合とか? あとは、ウエストから胸にかけてのこの感じ? ふ……ふふふ……勝てるっ!』

菜砂『お兄ちゃんめ、すっかりオトナに成長した妹の姿をその目で確かめ、驚き、ひれ伏すがいいー♪ はっはっはっ♪』

と独り言を言ったり、

さらには、プールで兄に水着を見てもらい興奮したと言われて喜んだりと、

とても共通とは思えない爆発力を見せてきます。

ルートに入ってからは、春海に『妹は兄に甘えるもの!』と言われて菜砂ちゃんは、兄に甘えてきます。



可愛い。

最初は恥ずかしがってたいましたが、
どんどん素直になっていき甘えてくる菜砂ちゃんはメチャクチャ可愛いです。
お兄ちゃんの太ももに足を乗っけるとこはお気に入り。

その後兄妹で付き合って、何個か展開があってED。

妹と兄が結ばれる過程は王道な感じですが、
実妹ルートとして、ちゃんと押さえて欲しいところを押さえていて安心して出来ました。

付き合ってからも甘々な展開は続き、菜砂ちゃんはエッチにも積極的です。つか、めちゃんこエロい()

『恋人であり妹』を強調してるし、分かってる感があります。

・総評

菜砂ちゃんが僕の好みに直撃しました。
もう最高です。

中身もいつものクロシェットか、それ以上に兄妹ゲーとして優れていましたので、非常に満足出来ました。

逆に言えば、いつものクロシェットっていうことで、兄妹に背徳感を求める人には向かない作品ですね。

僕は、背徳感よりも兄妹の絆の方が大事だと思っているので、何も問題ありませんでしたけど。

兄妹で愛し合うのは自然なことだと思ってますので(震え声)

全体の感想としては、妹以外パッとしないというか。
好きなキャラとのイチャラブが目当てならそこそこ楽しめると思いますけどね。
シナリオ方面には少し問題ありな気がします。

しかし菜砂ちゃんは神。
久々にエロゲでもう一回やり直そうかなと思いましたし。

菜砂ちゃんは、マジで僕の好みにぶっ刺さり。
このレベルのキャラにここ三年ぐらいは会えてないこと、
演出面やテキストが良く、えっちぃシーンがエロかったということで、総合では名作にしときます。

まぁー菜砂ちゃん補正が半端ないです。

オールクリア必須のゲームじゃないしね。
好きなキャラだけやっとけば良いんですよ。

妹好きは、とりあえずやっとけ。



名作。


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply