FC2ブログ

『ままごと ~ママとないしょのエッチしましょ~』感想

いのしゅん

作品情報

タイトル:ままごと ~ママとないしょのエッチしましょ~
ブランド: アトリエかぐや(BARE & BUNNY)
ジャンル:ママにダメになるくらい甘やかされるAVG







さて、内容を見れば、ママに甘やかして貰うってゲームなんですけど、主人公から甘えるとかじゃないんですよね。

母親二人が甘やかしたいから甘やかす感じです。

何かここら辺自分の求めていたモノと少し違ったため、何か違うなーって感じでした。

エロ目的なら、まぁーエロいです。
エロ目的なら満足出来るんじゃないかと。

甘やかし成分を求めて購入した場合、もしかしたら物足りなさを感じるかもしれません。

グラフィックに関しては、choco chipさんは最高ですねぇ…。
目パチも完備してますしそれなりに優れていたのかと。

キャラも個人的には、妹の亜希ちゃんがずば抜けてますが、皆可愛いです。
これは過去の、BARE & BUNNYの作品と比較してもです。

エロよし、キャラよし、グラフィックよしと、いつもながら安定した作品と言えるでしょう。



妹について



北川 亜季(きたがわ あき)
素直になれないツンデレ妹。
兄呼称は『兄貴』と『にぃにぃ』

感情が高ぶると『にぃにぃ』呼びになる感じです。
良くいる『お兄ちゃん』と『兄さん』がミックスする妹みたいな感じか。

作中で、血の繋がったと言う表現がありましたので、実妹で間違いないかと。



↑は雪舞ルートなんですけどね。
ルート外でも妹を家族として大切にしていることが分かる良い台詞で結構好き。

主人公は大学に進学したので、寮生活を終え実家に帰って来るとこから、ゲームは始まります。

妹の亜希ちゃんは、最初は結構キツい態度。
寮生活中連絡を取っていなかったのが原因で拗ねてる模様。




亜希『もう、何か用がない限り話かけてこないで。近づかないで。兄貴なんて、だいっきらい!』


いわゆる典型的な抜きゲーなので、シナリオは特に無く、背徳感もそれほどありません。

このゲームの魅力は、
単純に妹が可愛いです。

亜希ちゃんは憎まれ口を叩いていますが、お兄ちゃんの事が好きなのはバレバレなので無限にニヤニヤ出来ます。

抜きゲーなんですけどね、自分はHシーンより日常会話の方が好きだったり。

本作は、それなりに日常シーンもあって好きなシーンは多いです。

亜希『なに? 一緒に帰りたいの?』

景登『うん、亜希と一緒に帰りたいな』

亜希『しょうがないわねー……♪ まぁ、どうせ同じ家に帰るんだし? 兄貴がそこまでいうなら、一緒に帰ってあげる♪』



わざと仕方なさそうに言うのが、非常に素直になれないこの妹っぽい。

亜希『まぁ、兄貴がしたいんだったら、その……昔みたいに朝、私の頭を撫でる事も、許してあげてもいいわ』

景登『え、でも……亜希ももう大人になってきたし、子供っぽ過ぎてイヤじゃないのか?』

亜希『わ、私は確かに子供っぽいと思うけど……兄貴がしたいんだったら、仕方なくさせてあげるわよ』

景登『いや、亜希の嫌がる事をを俺はしたくないんだけど』

亜希『っ……バカ兄貴っ!』



こんな素晴らしい会話を楽しめる訳です。

そして抜きゲーなので、割とすぐにえっちシーンに入ります。

妹が酔ってお兄ちゃんを押し倒して、流されるまま本番ではないけど、妹とえっちするという背徳もクソもありませんが、H最中ツボった会話がありました。

景登『本当に落ち着いてくれ、亜希っ。酔った勢いでしたら絶対後悔するやつだぞそれっ』

亜希『後悔しないからいいもん。子供の頃からの夢だし、にぃにぃのお嫁さんになるの』

亜希『それに……このままだと雪舞とか、響子さんとか、ママにとられちゃうかもしれないし』

亜希『だから誰か取られちゃう前に、私がにぃにぃと結婚するの!』

このシーンは妹の素直な想いや可愛らしさが描かれていて結構ツボりました。

兄が拒めないままなし崩しに行為に至っていますが、実の妹と性行為に至ると言う事がどういうことか意識はしてます。

H重視のゲームらしい無理矢理な導入ですが、兄妹の気持ちがそれなりに描かれてますから、抜きゲーのH導入としては、それなりに良い導入だと思いました。

そして、お兄ちゃんもそれなりにシスコンですし、妹のことをちゃんと考えて、一回妹の告白を断わったりします。

その辺りの兄の考えにも好感度UPです。

景登『……ダメだ。俺のことは諦めなさい』

亜希『なんでっ』

景登『だって……亜希に辛い思い、させたくないから。きっと幸せになれるからいいぞ、なんて、俺には気休く言えない』

景登『……亜希は世界で一番大事な妹だから、幸せになって欲しい。だから俺のことは諦めなさい』

素晴らしいですね。

その後二回目の告白により付き合うことになるのですが、兄と妹の気持ちが描かれていたので、告白シーン自体は普通に良かったのかと。

他ルートでも亜希ちゃんはヤキモチ妬いたりして可愛い。
特に雪亜ルート。

亜希『兄貴って雪舞に甘いよね。 なーんか、私より大事にしてる感じだし』

景登『まぁ、雪舞ちゃんも妹みたいなもんだしね。 でも、俺が一番大切に想ってるのは、亜希だぞ?』

亜希『っ……に、二年間も放っておいたくせに、そんな言葉、信じられないわよ』



お兄ちゃん中々シスコンですね(笑)
この後、気まずくなって逃げ出す亜希ちゃん。

これ、雪舞のシナリオでの会話ですからね?

一瞬、亜希のシナリオと錯覚しかねないシーンです。

そして、雪舞とお兄ちゃんが付き合い始めたのを知ったら、

亜希『私もにぃにぃとエッチなことするっ、雪舞には渡さないもん!』

亜希『私は認めてないもんね。にぃにぃは私だけのものなのっ!』



か゛わ゛い゛い゛な゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛

その後の経過はあっさりとしていたのが残念でしたが、他ルートでもとんでもない破壊力ですね。


以上、兄妹のドラマ性とかはあんまり無いんですが、妹の可愛さを表現出来ていて、個人的には結構当たりでした。

勿論付き合ってから素直に甘えてくる亜希ちゃんも良き。



総評

亜希ちゃんが可愛い!本当に可愛い!!

やっぱり妹の可愛さは一番大事だということを改めて思いましたね。

ただ、亜希ちゃんがやたら恋人やらお嫁さんを強調してたので、気になる方は注意が必要かも。

母親モノとしては僕には分からないですね。

人妻のヒロインの響子さんがいるのですが、夫が全く介入してこないので人妻モノとしたら微妙と思われる人はいるのかと。

まぁーエロいんで抜きゲーとしては全然満足ですけどね自分は。

どこまでいっても本作は、イチャラブHですね。

個人的には、妹好きにはそれなりにオススメ。

王道ですが、ツンデレ妹はやはり素晴らしい。



■評価
★★★☆☆ㅤㅤ良作。







スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply