FC2ブログ

『俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命(俺不可視)』感想

いのしゅん

作品情報

タイトル:俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命
ブランド:Hulotte
ジャンル:透明人間になっちゃう恋愛ADV







あらすじ

『用法・用量を守って正しく透明人間化しましょう!』

バーチャルネットアイドルの動画を見ていた主人公・待雪晴季。
その配信で突然、視聴者に向けた抽選が行われることに。
当選するとその賞品として──

『な~んでも望みを叶えてあげちゃうスペシャルな権利をプレゼント!』

とりあえず応募した晴季だったが、結果はなんと当選!
アイドル本人からメッセージが届く。

『今からそちらに行くので、シクヨロ♪』

すぐに鳴ったチャイムに呼び出されて、玄関に向かうと
バーチャルネットアイドル・葛ノ葉チトセ(くずのはちとせ)が待っていた。
そこで晴季は謎の薬を手渡される。

「え、えっと、なにこれ……?」

「ズバリ! 飲むと透明人間になれちゃうおクスリって寸法よー! イエイ!」

「感想聞かせてね~!」と、満面の笑みで去っていくチトセに途方に暮れる晴季。
怪しみながらも早速試してみたところ、本当に鏡に映らない!

そこで、最近ツンツン冷たくされている従姉妹・亜芽のお風呂に侵入する。
凄まじく美味しそうに育ったその身体を存分に拝見したところ──

「好きです、兄さん」

そんな告白を聞いてしまい、思わず彼女に触れた瞬間!
なんと姿が現れてしまって大変なことに!

しこたま怒られながらもイチャイチャしつつ、
彼女と共に用法を確認していくと……

■効果 :身体の透明化
■用量 :一日一錠まで
■注意 :人体に接触した場合、効果解除
それまで面白いことを求めて過ごしてきた晴季は、これこそが刺激であると大喜び。
亜芽は早く真人間に戻さなくてはとおおわらわ!

これは、そんな従姉妹や学園の人々にちょいちょい怒られながらも楽しく過ごす。
青春サイキックハートフルストーリーです(!?)




感想

メインヒロイン五人、サブキャラ二人Hあり、ハーレムありと色々頑張ってはいると思うんですけどね。
それ故に各ヒロインのルートが短くなってるので、ヒロイン一人一人の描写は薄くなってるというのはちょっと残念でした。

このゲーム、まず主人公が人選びそうですよね。
冷静に犯罪者ですしこれ。

でも、透明人間になれるのに、お風呂とか着替えを覗かないなんてのは、逆にエロゲの主人公失格だと思いますけどね。
僕はこのくらいバカで変態な主人公はエロゲらしくて良いかと。

ただ、プレイしてみると、透明人間という設定を活かしきれてないわけでして。

その他にも、複数ライターによる弊害だったり、主人公の行動に一貫性を感じられなかったり、CG枚数は前作よりもかなり減ってたりで、どうにも楽しみきれない部分は多かったです。


まぁー自分はヒロイン一人亜芽ちゃんを目的で購入したので、亜芽ちゃんとイチャイチャ出来れば満足だったんですよね。



うむ可愛い。

このゲーム購入した人の大半は、ヒロインとのイチャラブ目的なのは間違いないでしょう。

しかし、このゲームにイチャラブ描写が多かったかと言われると首を傾げてしまいます。
特に僕が一番期待してた亜芽ちゃんルートは、本当に酷いですよ笑えない。
いや、マジハーレム削って亜芽ちゃんとのイチャイチャ描写増やせや。何でまともなデートシーンが無いんだよ。

亜芽ルートは少し踏み込んだ展開になるんで、付き合うまでがそれなりに長いです。
亜芽ちゃんが、主人公と付き合う資格がないとか言ってずっとグダグダします。

それで、何だかよく分からん感じで解決して、やっとイチャラブタイムかと思えば、30分ぐらいでまたシリアス突入。

自分は比重の多いストーリー部分を楽しめなかったので、亜芽ルートの印象はかなり悪いです。

まぁー、ストーリーの良し悪しは、究極的には人それぞれなので楽しめたって人を別に否定はしないんですけどね。

ただね、キャラゲーなら厚く描くべき部分は他にあるよね?

誰もシナリオ求めて買ってないでしょ。

素直になった亜芽ちゃんとイチャイチャさせてくれよ頼むよ…。

他のルートに関しては、
ただでさえ短い個別ルートに、後半はシナリオに比重が割かれるのでイチャラブが中途半端、その後半の展開も同じよな展開のルートが多く、展開の幅が狭いのでプレイしてると単調に感じやすい。
推しキャラでもない限り、何ルートかやってると飽きてしまう。


って感じですかね。



総評

何か書き出すと厳しめになってしまったけれど、亜芽ちゃん好きですし、深く考えない分には途中までは楽しかったです。

だからね、自分は亜芽ちゃんとイチャイチャ出来れば、それだけで充分だったと思うだけに、残念でしたね。



凡作。







スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply